メインイメージ

解体工事の一般管理費

解体工事における一般管理費について


建物に関して、さまざまな工事が行われています。まずは、全くの更地に建物を建築する建設工事があります。また、既に建設が完了している建物については、部分的な改修工事を行うことになります。そして、最も大がかりなものとしては、建物を取り壊すために行う解体工事があります。工事を行った場合には、経理で特別な処理をする必要があるため、注意が必要です。

工事そのものは、建築会社・建設会社などの職人が担当します。工事については、当初の計画に従いながら、手順通りに進めていくだけです。問題となるのは、工事の際に発生する費用や収益に関する経理処理なのです。発生する費用には、さまざまなものがあるため、どのような費用を支払ったのかを個別に考えていくことが必要になります。内容を見て、すぐに分かるようなものは問題にならないのですが、どの費用として処理するのが適切なのか、分かりづらい場合もあるため、慎重に判断することが求められます。

経理の処理を行う場合は、さまざまな勘定科目を用いて仕訳をすることになります。仕訳をする際の勘定科目は、どの会社でも全て共通しているというわけではありません。全く自由に決めて良いわけではないのですが、会社ごとに選択する余地が残されています。経理スタッフとしては、自分が所属している企業で用いている勘定科目について、正確に理解しなければなりません。

解体工事を行った場合の費用には、たとえば一般管理費として分類されるものがあります。一般管理費というのは、通常は、一般管理費および販売費という形で、合わせて考えられています。これを略して販管費とも呼んでいます。従業員の給与・賞与、各種手当、交際費、福利厚生費、通信費、旅費光熱費、役員報酬、減価償却費、租税公課といった種類のものが含まれています。当該企業における、一般管理業務を行うために支出された費用のことを指しているのです。

解体工事をはじめとした工事を行った場合に、どの費用が販管費に分類されるのかを、しっかりと理解することが大切なのです。経理の処理は、費用と収益とを適切に対応させる形で行わなければなりません。費用が、どの区分に入るのかという点も、確認しなければならない点です。

解体工事などの特別な工事は、経理処理が極めて難解になる場合があるため、慎重に処理を進めていく必要があります。経理処理を誤ってしまうと、法人税などの税金を支払う段階になった時に、問題になるケースが出てきます。

Copyright© 2014 解体工事にかかる費用について All Rights Reserved.